【演色性(Ra)について】

演色性とは照明と色に関する専門用語で、照明機器で物体を照らした時にその物体の見え方に及ぼす光源の性質を言い、太陽の光(自然光)を基準としRa100で表しています。
より太陽光に近いものほど演色性が高く、数字が低いほど太陽光によって見える色とかけ離れた見え方になります。

例えば、
室内の蛍光灯の下で見る服の色と、屋外の太陽光の下で見る服の色とでは見え方が違うと感じられた事はございませんか?

それは演色性の違いによるもので
一般的に使用されている蛍光灯の演色性はRa50~60位だからです。
さらに現在販売されているLED電球の演色性はRa65~80のものが多くなっております。

それでも日常生活では何ら支障有りませんが、演色性が低いと料理が色褪せて美味しくなさそうに見えてしまったり、
服の色が違って見えたり実物と誤差が出てきてしまいます。

料理も美味しそうに見せたい!

服の色をイメージと一致させたい!

普段から色に敏感でいたい!
という方に高演色のLEDをお奨めいたします。

また、料理にこだわりを持つお店が料理の色の見え方も大事にしようということで高演色のLEDに交換したところ、
それから評判が良くなり売上が上がっていったという例もございます。

ですから美術館などの本来の色を再現すべき施設は勿論、ホテルや飲食店、衣料品店などの店舗から一般のご家庭でも高演色のLEDを推奨いたします。

弊社のRa90以上の高演色素子を使用した製品には演色データを表示しています。
※CRIが演色性Raの数値になります